Copyright (c) メンズアイテム All Rights Reserved.

美容グッズ

美容グッズ 美容グッズ美容グッズ

美容グッズブログになります。


クロワブラン バイポーラアクアジェル 100ml 楽天スーパーSALE特価!EGF リンゴ幹細胞エキス 配合 DUVOTA(ドゥボータ) ルベル モイ オイル レディアブソリュート 50ml 美顔器 ランキング129週1位 エビス 超音波美顔器 ツインエレナイザーPRO2


用語

存在論(そんざいろん、英: ontology、独: Ontologie)は、哲学の一部門。さまざまに存在するもの(存在者)の個別の性質を問うのではなく、存在者を存在させる存在なるものの意味や根本規定について取り組むもので、形而上学ないしその一分野とされ、認識論と並ぶ哲学の主要分野でもある。


認識論(にんしきろん、独: Erkenntnistheorie、英: Epistemology、仏: Epistemologie)は、認識、知識や真理の性質・起源・範囲(人が理解できる限界など)について考察する、哲学の一部門である。存在論ないし形而上学と並ぶ哲学の主要な一部門とされ、知識論(英: theory of knowledge)とも呼ばれる。日本語の「認識論」は独語の訳語であり、日本ではヒト・人間を考慮した場合を主に扱う。英語と仏語の語源は知(希: epist?m?) + 合理的な言説(希: logos)。フランスではエピステモロジーという分野があるが、20世紀にフランスで生まれた科学哲学の一つの方法論ないし理論であり、日本語では科学認識論と訳される。