Copyright (c) メンズアイテム All Rights Reserved.

サイト紹介ライブドア

サイト紹介ライブドア サイト紹介ライブドアサイト紹介ライブドア

サイト紹介ライブドアブログになります。


メンズアイテム レディースアイテム ロゴ作成 無料写真


用語

集合論(しゅうごうろん、英: set theory, 仏: theorie des ensembles, 独: Mengenlehre)は、集合とよばれる数学的対象をあつかう数学理論である。通常、集合はいろいろな数学的対象の集まりを表していると見なされる。これは日常的な意味でのものの集まりやその要素、特定のものが入っているかいないか、という概念を包摂している。現代数学の定式化においては集合論がさまざまな数学的対象を描写する言葉をあたえている。(論理や述語論理とともに)集合論は数学の公理的な基礎付けをあたえ、数学的な対象を形式的に(無定義語の)集合と帰属関係によって構成することが可能になる。また、集合論の公理として何を仮定するとどんな体系が得られるか、といった集合それ自体の研究も活発に行われている。


集合のデカルト積(デカルト-せき、英: Cartesian product)または直積(ちょくせき、英: direct product)、直積集合、または単に積(せき、英: product)、積集合は、集合の集まり(集合族)に対して各集合から一つずつ元をとりだして組にしたもの(元の族)を元として持つ新たな集合である。