Copyright (c) メンズアイテム All Rights Reserved.

起業

起業 起業起業
みなさんの起業を応援しています

起業本 起業関連法 ツイッター ブログ


用語

準同型(じゅんどうけい、homomorphic)とは、複数の対象(おもに代数系)に対して、それらの特定の数学的構造に関する類似性を表す概念で、構造を保つ写像である準同型写像(じゅんどうけいしゃぞう、homomorphism) を持つことを意味する。構造がまったく同じであることを表すときは、準同型・準同型写像の代わりに同型(どうけい、isomorphic)および同型写像(どうけいしゃぞう、isomorphism)という術語を用いる。しばしば、準同型写像・同型写像のことを指して単に準同型・同型と呼ぶ。いずれも、型の代わりに形が用いられることが稀にある。構造により、等長・等距、同相や射型などといった特定の術語が用いられることがある。


数学、とくに抽象代数学における単系(たんけい、英: monoid; モノイド)はひとつの二項演算と単位元をもつ代数的構造である。モノイドは単位元をもつ半群(単位的半群)であるので、半群論の研究対象の範疇に属する。モノイドの概念は数学のさまざまな分野に現れる。たとえば、モノイドはそれ自身がただひとつの対象をもつ圏と見ることができ、したがって集合上の写像とその合成といった概念を捉えたものと考えることもできる。モノイドの概念は計算機科学の分野でも、その基礎付けや実用プログラミングの両面で広く用いられる。モノイドの歴史や、モノイドに一般的な性質を付加した議論などは半群の項に譲る。