Copyright (c) メンズアイテム All Rights Reserved.

消費者金融借りる

消費者金融借りる 消費者金融借りる消費者金融借りる
消費者金融でお金を借りる

消費者金融大阪 消費者金融東京 消費者金融福岡 消費者金融ブログ


用語

多元環(たげんかん、algebra)とは可換環上の加群としての構造を持ち、その構造と両立しているような積を持つ代数的構造のことである。algebra を直訳して代数(だいすう)と呼ぶことも多い。また、ブルバキの数学原論では(結合的なものを)線型環(せんけいかん)と呼んでいる。


数学原論(すうがくげんろん、仏: Elements de mathematique)は、数学者集団ニコラ・ブルバキ (Nicolas Bourbaki) による数学に関する専門書(フランス語版)である。2016年現在11の部門からなり、各部門が1つあるいは複数の章に分かれている。最初の巻はエルマン (Hermann) 書店によって1939年から、はじめは小冊子の形で、後に合本として、出版された。編集者との意見の相違から、出版は1970年代にCCLSに代わり、1980年代にはマソン (Masson) 書店に代わった。2006年からは、シュプリンガー・フェアラーク (Springer Verlag) がすべての分冊を再出版している。